自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

雑記

成功している人に嫉妬してしまう時にこれをやってみよう

嫉妬は自分の心をむしばむ 嫉妬の気持ちって、心をむしばむものだと思います。 まず、人の成功を喜べない自分に自己嫌悪してしまう。 そして、成功していない自分に自己嫌悪してしまう。 こういう感情を持ったままでいるのは苦しいと思います。 嫉妬をこじら…

ことばにできたら7割は解決している

小学校の教室でおしっこもらした事件 突然なんですけど、小学校一年生の時、私、教室でおしっこ漏らしたことがあるんですよ。 掃除の授業? のあと、クラス全員が一列に並ばされて点呼かなんかしてた時だったと思います。 トイレに行きたくてかなり限界だっ…

私は超能力が使える。

私の生まれたところは埼玉県の三郷市にある三郷団地ってところでした。 そこに6歳までいました。 そのあと、三郷市早稲田というところに引っ越しました。 先日、スタンドバイミーみたいな事件があったところです。 少年たちが三郷市早稲田の中で探検遊びをし…

投げたブーメランには刈られない

人を裁きまくっていた20代の頃 20代の頃の自分って、今の自分とは全然違うなぁって思う。 私は自分の物差しに合わない人とかを裁くタイプの人間だった。 とりあえず一流大学と言われる大学をでているか? とか、 一流企業につとめているか? とか。 あと、不…

ヤラれ女考

オチのない話をこれからします。 先日週刊誌を読んでいたら、ビジュアル系っていうの? なんかイケメンで有名なミュージシャンが、ファンの女の子をセフレにして肉体を弄び、そのセフレにされた女の子が苦しんで自殺未遂をした、っていう記事がありました。 …

超絶イケメン(18歳)と会った話

弱いコスプレは脱げなくなるんだよ 立春大吉いかがお過ごしですか? 私は超イケメンと寿司を食べました。 18歳のモデルでミュージシャンだって。 結構モデルとしては成功しているみたいで、 そこそこ有名らしい。 サシでのデートじゃないですよ。 ちょい歳上…

失敗だらけの人が書く自己啓発の本って

Facebookで嫌味をいわれた。笑 もう、私はあんまり人にも隠さなくなりましたが、 (っていうか、こんなにブログに書いてるし) 自己啓発本に、1年ちょい前からハマり、毎日何冊か読んでます。 いい本もあればそうじゃない本もあります。 合う本もあれば合わ…

日本人であることを使い切りたい

自分は超恵まれていたんだと気が付いた 日本人に生まれてよかったと思いますか? 私は超よかったおもってます。 別にネトウヨとかじゃないですよ。 だって、世界に国は170か国以上あるけど、 その中で5本の指に入るぐらい豊かな国に生まれたから。 それだけ…

高齢者施設に親を入居させて自分もそこで働く。

介護する側の疲弊と無職状態をどうやったら解消できるのだろう 私もアラフォーなので、先輩が結構親の介護したりするような年代にさしかかってきました。 仕事と両立できている間はいいんだけど、やっぱ、親の介護に必要となる労力が大きくなるにつれて、仕…

あったらいいな。Skype精神科

超うつで寝込んでいたとき、とりあえず這ってでも行ける病院にいけと友達に助言をもらって、ほんとに歩いていけるところに行った。電話したら今から来て構わないと言ってもらい。いい病院だった。カウンセラーからの予備面接が1時間に、医師の面接が1時間も…

批評のない世界

自己啓発本。 この1年間で死ぬほど読みました。得るところ多かったです。 自己啓発ってなんだ? っていうのはいろんな意見があると思うんですが、自分の定義は、 人生をよりよくするために自分のココロの取り扱い方法を知る、そのうえでやる気を伸ばして行っ…

人生で必要なことはどこで学べるのか調べてみた

人生に必要な知恵は○○で学んだって本たくさんあるじゃないですか。 で、実際、どこで学べるのよ? って思ってちょっとアマゾンで調べてみただけの記録です。

或るhistrical writerとの対話

「どこ出身なんですか、岡さんは?」 「え、私ですか? 私は埼玉……、三郷です」 「ミサト?」 「あーえっと、常磐自動車道の三郷インターのある、三郷です」 「ああ、三郷。うん、三郷ね」 「はい、団地があるんですよ、すごい規模のでかいところで。当時は…

うれしかったこと

先日、新宿の「Live Wire High Voltage Cafe」というところで、 『褒め道』ワークショップというイベントをやりました。 ツイッターでちょこっと宣伝をしただけなのですが。 宣伝文はこんな感じ。 こんなんやります。この会の目的は自分をほめる練習をします…

訃報に触れて

友達が撮ってくれる写真、いい顔してる Mami Amamiyaさん(@mamiamamiya)が投稿した写真 - 2016 9月 28 9:46午前 PDT 雨宮まみさんのご冥福をお祈りいたします。

2年前に「死にたい」気持ちにとりつかれて自殺したかった私のいま

大学進学か? 就職か? 大学に行った意味を考えた。

地方に生まれてたら大学進学は無理だった 故郷埼玉に来てます。 埼玉って、県内移動が便利でなくて むしろ都内に出た方が移動時間が 短いというへんなとこなので、 三郷育ちの私は、ここ川口は きたのは今回が初めてでした。 大人になってからは全国を仕事で…

血の繋がらない弟がおしえてくれたこと

偏食は「私をわかってほしい」という叫び

沖縄・ジャッキーステーキハウスにて

孤独死したらしたい5つのこと

爆音すっぽんバーにて

母が自殺しなかった人生を生きることはできないので

Photo by Pascal Vossen

岡映里って何者?

みさと団地。商店街の現在の風景。

眠れないひと向け。デパスよりもコスパいいCD。

双極性障害の薬物治療を受けているとき、 6種類薬を飲んでいたんですが、 うち2種類が、睡眠導入剤と、抗不安薬で、 つまり夜よく眠れるように処方してくれた薬でした。

Google検索も恋人も、私の代わりに決めてはくれない。

まあ、これも続くかわからないなって思ったんですが、 はてなに移ってきてから、無事30記事を超え、 現在これが32個めの記事です。 三日坊主を10回クリアしたので、そろそろ書いてもいいかな。 いいともー\(^o^)/

自己啓発本にまみれた果てにたどり着いた場所

「つまんなくなってしまう」と、死神に狙われます。

120円で友達を作った話

風邪が長引いてまして。 なかなか難儀してます。 ご飯なども食べたら吐いちゃったりですね。 ああ、これもしかして、風邪じゃなくてなんかでかい病気だったらどうしよう。 来年ぐらいに死ぬヤツだったらどうしようこれ。 うーん、愛する人と出会うこともない…

取り柄がない私が「特技」を1ケ月で獲得した話

えーっとタイトルを書いたらもう、書く気を失いました。 たまに書くのがものすごくめんどくさいのは、多分もう、説明するまでもないぐらいアタリマエのことをいいますよみたいな。そういうことなんだと思うんですけど。 けどちょっと書いてみます。 私には特…

SNSも断捨離してみた。

昨日は風邪をエンジョイするため、大体ベッドで寝てたんです。 まあ、ネットしたり。 キンドルで本を読んだりですね。 で、暗い気持ちになったり、ああ、今の自分ってなんだろう。母親は自殺したし……精神疾患になって3年も苦しんだし……離婚したし……本は売れ…

合コンの話題には絶対ならない映画のはなし②

次行ってみます。 イン・アメリカ/三つの小さな願い事(2004アメリカ) この映画は派手さはないんだけど、ずっと心に残ってます。 若い夫婦とまだ幼いかわいい娘達・クリスティとアリエル。アイルランド移民の話です。 舞台は80年代のニューヨーク。お…

八潮。リトルパキスタン、「カラチの空」でビリヤニを食べた。

久しぶりの八潮 幼女だった頃の私です。 ここは、埼玉県三郷市の「天使幼稚園」というところの、園庭だと思います。 姉の通っていた幼稚園です。姉の卒園式なのかなんかの時に、タイヤに乗れる映里ちゃんを周囲に見せつけてドヤりたくて、高そうなワンピース…

自分自身と戦い切った女性のお話

すごくいい本でした。 破婚: 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間 作者: 及川眠子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/07/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 著者は作詞家の及川眠子さん。『残酷な天使のテーゼ』の作詞を手掛け…

自分の感情をモニターする方法

近藤麻理恵さんの著書を読んで触発され、昨年夏からお片付けを敢行し、習慣的に見ていた朝のニュースを見るのをやめました。 家の中を快適にすることと、朝から「なんか文句言いたくなる」ような情報を入れないでいることが、自分が機嫌良く過ごしていくうえ…

精神科の薬を飲んでも絶対にできないこと

断捨離しても捨てられなかったけど、先日全部捨てました。

嘘つきが教えてくれること

今日、すごく印象的なニュースを読んだので、その話をしたいと思って書いています。 朝日新聞社と群馬県の上毛新聞社は27日、同県太田市の臨時職員の男性(23)が海外のゲーム大会で優勝したと報じた同日付朝刊の記事が虚偽だったとして、記事を削除する…

私の年齢の時の母を想像してみる

さっきエントリーした記事で、 okaimhome.hatenablog.com 書いたらもういっこ思い出したので書きます。 「毒親」仮説に従って親を全否定している人と話をしていると、案外親を「強大な権力者」だと思い込んでいる人が多い印象を受けます。 自分にとって圧倒…

母を愛していることと、母が最悪であること

未だ考えがまとまってないのですがメモ的に書きます。 こんにちは。 心理療法家の笠原敏雄さんのサイトにあるこんなエッセイを読みました。 親に対するうらみ この何年か急激に増えた実感があるのですが、抑うつ状態に悩んでいたり、引きこもりから抜け出せ…

来世を信じるようになったら英語が上達した

意味がわからないタイトルかもしれないんですが、事実を記すとこうなりました。 別に宗教団体に入れとかそういう話ではありません。 ちょっと面倒さと戦いつつ、説明してみます。 自分では当たり前のことになっちゃってるんで、わざわざ書くと結構労力使うん…

嫌いな人が死んだとき

聞いた見た「事実」を、どう取り扱うかっていうことは、私のような取材をベースにものを書いている(ノンフィクションというジャンルに生息していると他人が見做すような……ただ私の『境界の町で』は私小説だと自分では思ってますけども)人間にとっては割と…