読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

メリークリスマス。

たのしい生活 毒親

f:id:okaimhome:20161225030046j:image

 

イグナチオ教会でミサに出たら、ふつふつと怒りが湧いてきた。うちの母親って一体なんだったんだって。なんで娘たちにあんな変な虐待みたいなことばっかして、しかも自殺とかしてんの。意味わかんねえって思ったら泣けてきた。親のことで泣いたのはこれが初めてかもしれない。
大切な人の幸せと自分の幸せを祈りました。私はその人たちに本当に何度も助けてもらった。私はインスタントな「お助け」みたいなことしかしてないけど、なんかの形で返したい。今は祈る祈る。

何年か前、「私は人を許したい。自分を許すために。」って日記に書いていて、実際私はこの通り生きてきたような気がする。許すには怒るというプロセスを避けて通れないんだろう。私は母に怒りを感じることすら最近までできなかった。

なぜ生きているのだろう。それを問うよりも、生きていることそのものを楽しむことがもしかしたらできるのかもしれないと最近は感じる。
本来生きることは嬉しい楽しいことのはずだ。

聖書にもある通り、明日摘み取られる百合の花でさえ神様はこんなに愛してくれているではないか、何を思い悩むのか。思いなやまなくとも、神が与えてくれた無限に豊かなこの世の中で私は、与えられたものを喜んで生きていくことができるはずだ。

生まれてきて本当に良かった。
って言えるようになりたいと思うし、そうなるにはそんなに時間がかからないと思う。今私は十分幸せだと思えるようになったもの。

 

23日の夜は、病気して断薬してから割と初めてお客さんに来てもらってみんなでご飯を食べた。父が送ってきてくれたかにを蒸したり、炊き込んでおむすびにしたり。
楽しかった。
私にたまに仕事をくれる児童出版社の編集者のFさん、バスルームに入って行ってなかなか出てこないから心配になってたんだが、ふっと出てきたと思ったら「…お風呂はいってました」とか言うててウケた。初めて遊びに来たひとんちでいきなり勝手に風呂入った人初めて見たわ笑
FさんのTwitterみたら、「すごく楽しかった!」って書いてあったんで、よかったな! って思った。また遊びに来てね。アイスクリーム食べきれなかったから食べにでも。

みんな帰ってからお母さんの遺影と位牌出してきてお酒注いで飲みました。

f:id:okaimhome:20161225030420j:image

f:id:okaimhome:20161225030455j:image

 

良いクリスマスをありがとう。