読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

あけましておめでとうございます

今日から私は仕事始め。
2017年が早めにやってきた。

最近(この3ヶ月ぐらい)は朝起きると、前の日に着たものやタオルや枕カバーなどをすぐに洗濯し、掛け布団と毛布と枕をベッドの上からクローゼットに移し(ねこ対策)、猫のトイレの片付けのついでに人間のトイレをそうじしてから、掃除機をかけて、拭き掃除をしている。その後、目の前のスーパーでベビーリーフとタンパク質(主に卵3個)を摂取するために材料を買い、帰り道にベローチェのカフェオレを買う。部屋に戻ってカフェオレを飲みながら、食料を加熱などして、食べる。朝のニュースは気分が悪くなったり嫌なことを連想させるので見ない(私は事件取材を仕事にしていた時期が長かったのでどうしてもニュースでその頃のことを連想してしまう)。

食後は食器を片付けてから出かける支度をする。その際に風呂には入ったり入らなかったりする。その後、ゴミをまとめて捨ててから、出かけるのだが、仕事には徒歩で行くがその間にいろいろ考え事がまとまる。
で、これだけのことをすると、朝2時間ぐらいかかる。
私の仕事はそんなに朝が忙しくないので(出版関係者のハイタイムは昼すぎ〜夕方)、多少寝坊をしても、これまでとは違い、慌てて服を着替えてタクシーに乗って仕事に行くことはしなくて済んでいてとても助かるのだが、ふと思い立って、先週から一日の間何をしているかメモを取ってみた。
起きてからすぐにいろんなことをやるタイプのようだ私は。
逆に、起きてから時間が立つにつれ、やることが散漫になっている。今日やればいいなと思うはずのことも何故か「あきらめ」てしまったりする。
ログを見ながら、自分の行動を考えると、夜は、早く寝たほうがいいだろうな。
これまで、時間が余ると酒を飲んでいたが、筋トレしたり、ヨガをやったり、床を拭いたりして身体を疲れさせて、なるべく夜にまとめて寝るような生活に切り替えたいなと思った。
あと歩いた直後に原稿の仕事をやるとすごく進むので、結構早起きしたいと思った。

歩くのと床の拭き掃除と、ながらではなくただ食べるっていうのは、ちょっと瞑想的な作用があると本気で思っている。断薬が続いているのもこのおかげのような気がする。なるべくこの習慣を続けていきたいと思う。

私は2015年の春頃まで、お金を払って掃除サービスを利用していた。

子供の頃から家事の習慣がなく、結婚していた時は夫が全て家事をやってくれていたので、今になって家事をする習慣ができたのは奇跡的だ。
それもこれも、2015年に家の不要物をトラック一杯分捨てたからできることだ。ものがないから掃除も家事もラクなんだな。