自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

高齢者施設に親を入居させて自分もそこで働く。

介護する側の疲弊と無職状態をどうやったら解消できるのだろう

私もアラフォーなので、先輩が結構親の介護したりするような年代にさしかかってきました。

仕事と両立できている間はいいんだけど、やっぱ、親の介護に必要となる労力が大きくなるにつれて、仕事が回らなくなってくる。

結局、長年頑張って実績を積んできた仕事を泣く泣く辞めちゃう、介護に専念する、っていう人も中にはいます。

 

そうなると困るのは経済面ですよね。いきなり無職になるわけだから。

国に申請できる介護保険では、介護にかかる負担は軽減できるけれど、生活そのものまでは見てくれるわけではありません。

 

それで、思ったんだけど、

親を高齢者向け施設に入居させて、自分もおなじ施設で働いてお給料をもらう。

現状、経済的にも合理的な状況ってこれしかないのかなと。

これだと、親以外の入居者の面倒も見なければならないけれど、メリットもある。

 

例えば、他の介護スタッフのやり方をみて、自分の介護スキルがアップするというメリット。

それから、自宅で介護すると休みがないけど、施設に入居してもらえれば休みがとれるというメリット。24時間張り付かなくてよくなるわけです。介護で疲弊するのは休みが取れないことと、親と密着状態になって心理的に距離を取れなくなるってことなので……。

何より、親の介護もやりつつ、給料をもらえるというのが最高だと思う。

 

よく留学とかでも「親子留学プラン」っていうのあったけど、

高齢化社会となった現在「親子入居プラン」っていうのもあっていいのかもしれないなあと思った。

 

それで、介護する子供がこれまでやってきた仕事がもったいないんだよね。

例えば、税理士とかさ。経理とかさ。総務とか。私みたいにライターとかさ。介護しながらそういう持ってるリソースをどこかで活かせる仕組みができたら完璧なんだけどな。

ああ、もちろん、親の介護なんてやりたくねーよ、っていう人もいるだろうし、そういう人は親を介護する必要はないですよ。個別の事情ってのがあるからね。

でも、親の介護自分でやるしかない、やるぞ、って決めて、お金に困ってたり気持ちが疲弊するようなら。こういう方法ってできないかなって思っただけ。

 

話が変わるんだけど、

私の友だちの経営する、サービス付き高齢者向け住宅のシルバーウッドさんは、施設内に駄菓子屋を作りました。入居者の人たちがじゅんばんに店番をしている。

 地域の子供たちが遊びに来てふれあいの場にもなるし、認知症の人のやりがい作りにもつながってるみたい。

ここから広がって食堂を無料開放して、大学生が子供たちを集めて塾をやったりもしているんだって。

おじいさんおばあさんたちは、そういう光景の中で楽しく暮らしている。

そういうのたのしいよね。

www.projectdesign.jp

 

「親子入居プラン」はまあ、妄想だけど、

でもこれ、敷衍して考えると

自宅で介護している側にもお金が出てもいいんじゃないですか、っていうことになるよね。

 

まあ、妄想でした。