自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

「頑張って」に2文字足すだけでうつ病の人も喜ぶ言葉になる(かも)

頑張ってって言われたくない人もいるんだって

私は、ガンバレとか、頑張ってとか、

言われるの全然平気なんですけど、

よく、うつの人には「頑張ってね」と言っちゃいけない、って

本にも書いてあったりするじゃないですか。

あれ、なんでなのかなって思ったんだけど、

ガンバレって言われると、

「今、おまえは頑張ってない。もっと頑張ることができるのにやってない」

っていうふうに思考が自動的に解釈しちゃう人がいるからなんだって。

励ましたいって思っても、うっかりそういうふうに傷つけてしまうなんて、

言葉って難しいよね。

 

で、

ガンバレとか、頑張って。

こんなふうに励ますと誤解されるなら、

この言葉に二文字足すと、

けっこう良いんじゃないかなっていう

万能な励まし言葉になるのを発見したので、

書いておきます。

 

「頑張ってるね」っていうのはどう? 

それは、

「頑張ってるね」

です。

 

 

「頑張って」

と、

「頑張ってるね」

って、二文字しか違わないのに、

前者は「もっとできるでしょ、もっとやりなよ」みたいな

煽りっぽいことばになるのに、

「頑張ってるね」は

今、あなたは十分すごく努力しているし戦ってますね、という

今のままのその人を受容する言葉になると思いませんか?

 

もちろん、うつじゃない人にもこの言葉は使えるんじゃないかと思います。

 

頑張ってるよね。

私も頑張ります。

励まされたよ、ありがとう。

 

これでどうでしょう?(誰に向かって書いてるんだw)