自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

本がたくさん読めるようになる方法

本を読むと自分を理解できる

私は職業柄、かなり本を読むほうだし、この商売をやっている人の中でもかなり読んでいる方じゃないかと思います。

大体起きている間、ヒマな時はずっと本を読んでます。

活字を追っていると、心がざわつかないので、いいのかもしれません。

 

だから双極性障害で療養してた時は本当につらかったです。

本が読めなかったので。

文章が頭に入っていかないんですよ。

今、また本が読めるようになってほんとによかったなと思います。

 

それで思ったんですが自分がラクになるために必要なのは、自分がどういう状態なのかを客観的に知ることがまず第一に大事なことだと思います。

それには、本を読むのが近道です。

ただ、精神疾患にかかった人によくあるのが、本を読まず病気を知ろうとしないことだと思います。

 

自分の状態を把握させないのが精神疾患にかかった自分がやりがちなことなんだと思う。

だから医師やカウンセラーの意見に対してあらかじめ偏見を持って排除しがちだったり、病気について知ろうとしない(ネット情報は古くて間違いが多い。本を読むべき)ということが起こるんだと思う。

こうなるとすごく遠回りするので、ぜひ、入門書でいいので本を読んでほしいと思います。

 

本の探し方

大きめの本屋に行って自分が診断された病名をまず手掛かりにして本の背表紙を見る。ピンときたら手に取ってみる。ポイントは前向きなことばがタイトルや帯にあることです。

「治りません」って本もあるが治ると言ってくれる本もあります。いずれも暫定的な科学的見解を書いているので希望が持てる方を選ぶといいと思います。

 

本は3冊以上読むと自分の状態を把握しやすいです。

例えば私は双極性障害だと言われていたが、本の中で境界性パーソナリティ障害と誤診しやすいと書かれていたのでそちらも読んでいったら、より自分の状態を理解できました。

 

簡単な本から読もう。

医学書じゃなくても入門書でまずはOKです。

そして、医師だけでなくカウンセラーの本も読むといい。

精神疾患は、医師の場合慢性病ととらえる人が多いような印象があります。その場合は長期的に薬物治療をするしかないということを書いているお医者さんが多いです。

カウンセラーや作業療法士の人が書いている本は、考え方を変えて認知の歪みを直していくことで症状が根本的に改善する、ということを書いています。

私は初め医師の本ばかり読んでいましたが、カウンセラーや作業療法士の人が書いている本、認知行動療法について解説してくれている本を読んで、薬をやめることができたし、今ももう2年近く断薬できています。

 

「難しい」と感じたら読むのをやめる

難解な本だな、と思ったら、それはあなたに理解力がないからではないです。

本が自分に合っていないから読めないだけなのです。なので、すぐ読むのをやめて、同じテーマでほかの人が書いているもっとわかりやすい本があるかどうか探してみましょう。

ちなみに合う本でも、もう大体いいやと思ったら最後まで読まなくていいですよ。途中でやめちゃっていいのです。本をあまり読みなれていない人は最後まで読まなければ! と思いすぎて苦しくなっちゃうことがあると思うので、読みたくなくなったらやめちゃってください。

あと、小説でも料理本でも実用書でも、最初から読まなくても良いんです。読みやすいところから、興味があるところから読んでみてください(とはいえ、小説は、はじめに設定の説明があるからそこを飛ばすと相当厳しいとは思うけど……ようは、読書にはこれが絶対というルールはないので読みやすいように読めばいいということが言いたいだけです)。

 

それから、自分の経験的に、新たに読む本の中に、知っていることが3割以上入っていると、すらすら読めます。

なので全く未知のジャンルを読む場合(私の場合はそうですねタイ王国の歴史とか)、とりあえず児童書から、児童書がなければ漫画、マンガがなければできるだけ字が少ない本を読むことをお勧めします。そうやって下地を作っていくと、だんだん知っていることが増えていって、自然と高度な本を読みやすく感じられるようになります。

 

学習マンガと『まんがで読破』はおすすめ

去年私は古事記を読んでハマり古事記の登場人物(っていうかかなりの割合で神)の名前とキャラを覚えてたんですけど、その時もこういう学研のマンガとかめっちゃ役に立ちました。これ、キンドルで1冊360円なんですけど、目次の見開きで、もうヤマトタケルの生涯がパッと頭に入るようになっててすごいんですよね。

f:id:okaimhome:20170210165400p:image

 

f:id:okaimhome:20170210165410p:image

 

f:id:okaimhome:20170210165422p:image

 

 

 

 

私は今、中世の南北朝時代の本をいろいろ読んでいるんですが、北方謙三の『破軍の星』を読むに至るまでは、学研とか小学館の子供向けの学習漫画で下地を作りました。『破軍の星』は傑作です。アツいです。マジでお勧めです。

 

ドストエフスキーも全然読んでなかったんですが、いきなり新潮文庫で読もうとするも読めず、やはり『まんがで読破』を読んでから読みました。

 

たとえば映画って、見る前にまず上映時間がどのぐらいか確認するじゃないですか。

2時間なら2時間で、大体ああ、まだもう一個ぐらい事件起こりそうだなとか、そろそろ何か話が終わりに向かっていくなとか、上映時間の経過で、話の流れがわかるっていうのがあると思います。

本ってそれが見えづらいんですよね。

なので、読めない、難しい、読みなれない、と思ったらいったん読むのをやめて、もっと簡単な入門書を読んでいくといいですよ。あと近所に物知りの人がいたら、その人に聞くともっと簡単にわかるので、教えてもらって下さい。

私はいつも中国には中国の歴史だけでなく韓国と日本の歴史に本当に詳しい友達と行くんですが、無邪気に何でも聞いてなんでもこたえてくれるので、ほんと物知りの友だち最高って思います。本読むよりもラクだから。

 

読めないのは恥ずかしいことじゃないんです。要は、自分は読書が嫌いだって思っちゃうことが超損なことなんだと思うんです。

だって、どんな人にも絶対読める本があるはずだから。

皆が名著だとか古典だとか言ってるやつでも自分に合わなけりゃ、それは読まなくていいんです。

逆にみんなが「あんなもの」っていうような軽すぎる本とか、そういうものにでも必ず、いいところが絶対あるんだから、そんな本が好きなら、それが好きな自分を恥じる必要はないです。

良い本を書いている人はみんな超本気です。超本気の人が書いている 本にはいいも悪いも優劣もないと私は思ってます。

 

ネットの情報は無料だけれども、情報を頭に入れるためにいろんなサイトを渡り歩いているうちに時間が超かかるし、その割にあんまりまとまった情報がないっていうことが多いので、図書館でも本屋で立ち読みでもいいのでとりあえず本を手に取ることをお勧めします。

お金払ったほうが効率的に情報が手に入るというのは実際のところ真実だと私は思います。

 

心の扱い方については、認知行動療法や、仏教の解説書、自己啓発本を読むとすごくいいと私は思うんですが、「本棚に並べておくと恥ずかしい」という人もいると思います。こういう本を「怪しい」と思う人がいるのは私も理解しています。そういう場合は電子書籍で読むといいですよ。電子書籍は検索もできるしマーカーも引けるのでとても便利です。

 

だーっと書いちゃったので読みづらかったらごめんなさい。

私は今年は速読の教室に行く予定です(すでに入会しました)。