自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

感じの悪かった先輩にようやく認められて、嬉しくなかった話

最近、すごく感じの悪かった業界の先輩から「お前見なおしたぜ」っていう感じで優しくされることが増えた。で、かわいがってもらっていたのにそっぽを向かれるとか失望される、ってことではなくその逆で、良い待遇に変わったわけなので、嬉しいと思うはずなのに全然そう思わない。なんというか、私が実力をつけたからとか、私が会社をやめたから、とか、彼らはそういう「私の変化」を彼らが態度を変える「理由」として挙げているのだろうと思う。だからこそそういう場面にわたしが立ち会った時に本当に注意したいのは、
私は何も変わっていない。
単にその人が私に嫉妬していたりとかの理由で悪印象を持っていただけ。
で、嫉妬するのは当然あることだけど、それを自分の心にしまっておけずに態度に及ぼしていた。
つまり、その人が至らないだけなんだと思う。
「お前見なおしたぜ」って言われた時に気をつけたいのは、「私は成長したのだな」「受け入れてもらえるぐらい出世したんだな」と考えないことだ。そいつの思う壺だ。
その人は、はじめから感じが悪かったの。
思い出してみなよ、私に対してはじめから感じのいい実力もある先輩もいたでしょ? 
だから、感じの悪い先輩は、その人の都合で態度を変えただけなの。

やっぱはじめに陰口叩かれてたり、名刺受け取ってもらえなかったり取材妨害されたり、面と向かって「会社をやめないなんて覚悟がない、一流企業の看板を捨てたくないだけだろう」って言われたりとか、そういう事言ってきたそいつの印象はこっちからも最悪なわけで。そいつが私に態度変えてもそりゃ嬉しくないよな。こころの芯が見えないもん。オメーも忙しいなってぐらいで
私は変わっていないの。
私は、どんなに後輩に嫉妬することがあったとしても、私は私のために、どんな人にも絶対に分け隔てなくしようと誓った。
みっともない人にだけはなりたくない。