自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

摂食障害おぼえがき

 

過食嘔吐は、鬼太郎のセンサー(古いか)みたいかんじで、ストレスを知らせてくれてるので、悪いことじゃないんですよ。
ああ今ストレスたまりまくってんだなぁ。って思ってれば良くて。
こんなことしちゃだめだ、って思うと、そう思うこと自体が世間のスケールに自分を合わせてることになって、自分の心押さえつけてしまい、反動で余計過食嘔吐にしがみつくことになります。

食べ物が勿体無い、お金が勿体無い、倫理的に食べ吐きするのは良くない…、そんなことないです。食べ物よりお金よりあなたが大事なんです。

自分が生きてるからこその食べ物とお金です。今食べ物とお金に助けてもらってる、それだけですよ。


過食が始まっても吐くことをしてもそれに罪悪感を持たない方がいいです、過食嘔吐は自分に一生懸命「ここにいると辛い」とか「自分じゃない自分をめっちゃ強制されてる」とか、そういう状態を知らせてくれてるので。

自分の声が聞けるようになると治ると思います。自分の声を聞く力が弱ってるから、過食嘔吐や病気が自分に教えてくれてると考えると、ありがたいですね💫

ただし、食べ物は体を養うものだけど、心の満足って食べ物では満たせない。それは頭の片隅に置いとくといいと思います

じゃあ自分の声を聞くにはどうしたら良いか、ですが、いきなりでかいところからやらずに小さな選択から始めると躓かずに行けると思います。
例えば、職場の同僚にお昼を誘われた時になんか行きたくなくてモヤっとしたら断ってみるとかです。その代わり自分が食べたいものを食べに一人で出かけるとか。
あと、居酒屋での飲み会とかで、取り分けられたものを無理やり食べたりするのをやめる。食べたくないなら残す。一見和を乱す行動かもしれませんが、もうそういうキャラになって仕舞えば周りも気にしなくなります。「ごめん、自分が食べたいものだけ食べたいから、自分でとるねー(^ ^)」です。
あと居酒屋で言えばお通しとかも、なんとなく食べてしまうけど、それが本当に食べたいものでなければ食べない。これも自分に従う練習になります。

定食でついてきたセットの適当な付け合わせを食べるのをやめる。
体にいいかもという理由で食べたくないのにサラダをプラスするのをやめる。そんなところからですかね。

過食嘔吐したら、過食嘔吐にありがとう、って感じで。
「今ストレス溜めてんだなぁ」って罪悪感とか感じずに過食嘔吐のお知らせを受け止めるだけでも変わってくると思います。