自分の地図をつくろう

新しい場所に出かけて楽しい経験をしよう

無職だけど家賃20万4千円の部屋を借りることにした。

私が今年の3月末まで勤めていた会社は、出版社の中でも大手と言われているところでした。

出版社ってどこも結構給料がいいんですが、その中でも、私のいた会社はもらえる方だったと思います。

まあ、他にも結構のんびり働けたり、好きなことがやりやすい環境だったりで、お金だけが理由ではないと思うのですが、私のいた会社の離職率ってすごく低いんです。

つまり超ホワイト企業でした。

 

で、やめるときに、ある写真家の人に、

「なんであんないい会社やめるの?」って聞かれました。

「フリーでやっていくにしても、今と同じ収入稼ぐのはほぼ無理だと思うよ」と。

 

そのとき、私はぱっと思いついてこんなことを言ってみました。

「今もらってる年収の5倍稼げるような気がしたんですよ、なんか」

と。

それを聞いたその人は、「俺の周りで大手の出版社辞めたやつでそんな威勢のいいこと言うやつっていなかったから、あんた面白いね」と言って笑ってました。

 

このとき全くなにも将来の計画は立てておりませんでしたし、もう一生就職したくないということだけは決めていました。

で、今も別に無職のままです。

 

でも今回、引っ越すことにしました。

新しいお家は地上100メートルのところにある部屋です。

家賃が20万4千円。

普通の無職だったら絶対借りないだろうと思いますが、借りることにしました。

 

理由は、自分がやったことがないことをしてみたかったからです。

 

・ずっと飛び降り自殺がしたかった私が高層階に住んでみたいと思っていること。

・貯金の残高をチェックして不安に暮らすことをやめたいと思ったこと。

 

で、もうひとつは、

・親に甘えてみる。親に頼みごとをする

 

ということをちゃんとやってみたくなったということがあります。

現在会社勤めをしていない、さらにフリー一年目なので課税証明書や確定申告の書類で収入を証明できない私は、賃貸物件を借りることができません。

そのため、父に名義人になってもらう必要がありました。

「収入がないけど引っ越したい。ついては、お父さんに名義人になってもらいたい」

普通の親子関係なら、すらすら頼めるのかもしれないのですが、父との関係を大人になってから再構築しはじめた私には、限りなくハードルの高い「お願い事」でした。

 

いままで「いいところだけ見せ合う付き合い方」をしてきて、それはできてきたと思うんです。お願い事って自分の弱さをさらけ出すことのような気がしていて。それができたらいいなって最近すごく思うようになったのです。

だから、これにチャレンジしてみたくなった。

 

で、数日悩みました。「父にイヤなことを言われたり、断られたりしたら寝込むだろうな」と心がくじけそうになったりもしました。

そして思い切ってお願いしてみました。電話だと、うまく切り出せないかもしれないので、メールで。

そしたらあっさり「わかりました」と応じてくれました。

 

自分で自分の壁を高くしているんだな、と改めてわかった出来事でした。

 

審査は無事通過。

家賃はもちろん自分で払います。

「親に頼めない人もいる」とか言われるかもしれないですが、私も、もし今回親に断られた時は、別の方法で自分の望みを叶えるために知恵を使ったと思います。ようは、それをしたい自分のためにどう頭を使うか、ってことを考えたらいいのかなと。

「どうせダメだから」ってはじめからあきらめるのではなく。

 

引っ越してからお金がなくなったら退去すればいいし、それまでに働きたくなったら働けばいいし、お金があっても引っ越したくなったら引っ越します。

とりあえず、今の自分に、100メートルの高さの部屋から、東京を見せてあげたい。

部屋は故郷の埼玉、そして福島を臨む東向きです。