アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

願ってみる。

この記事をシェ-アする

仕事で神社に行ったらスピリチュアル女子がたくさんいてなんか拝んでたと先日会ったおじさんが嘲笑していたのだが、それはつまりどういうことかというと、
おじさんの世界に、素直に何かを願う人々の群れが現れた。
しかしおじさんはその人たちを自分の仲間だとは思えなかった。むしろ、世知に長けた自分の方が上と見て、そういう素直な人たちを嘲笑した。
自分は素直に物事を願うような人間ではないと考えているんですよ、と嘲笑することで世間に自分を表明している。それだけでなく自分自身に強くアナウンスしている。
なぜ?
自分が何かを願うなんて「おこがましい」
どうせ「かなわない」
自分が夢を叶えるなんてことは「ありえない」
そんな気持ちが心の底にがっしりあるからなんだよね。
いや、願ってみるといいですよ、神様は聞いてくれると思います。