アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

思ったより才能なかった

この記事をシェ-アする

大それたことばっかり考えてきたけれど、

思いついても、

すぐ飽きる。

何か事業を立ち上げても、

すぐ人が嫌いになっちゃう。

だから、継続しない。

 

こんなことを繰り返してきた。

 

今、暇なのでじーっと自分について考えてた。

 

f:id:okaimhome:20180311022219j:image

 

 いま、思うのは私には何もない。

自分が思うほど才能もないし。

物を書くことに関して言えば、シーン(流行り)に合わせて自分の言いたいことをうまく加工することが苦手だと思う。

震災がなければ作家になろうと思わなかったし…。

 

それで、よくよく考えたときに、☝︎に貼り付けたラインみたいなことを思った。

 

私は温かい人間関係を望んでるけどそれが怖い。

そこは克服しようと。

それならば、今いる人を大事にしようと思いました。

新たな土地を切り開く前に、いま目の前の畑を耕そう。

それは家族だったり。

具体的にはお父さんとお姉ちゃんです。

お父さんとお姉ちゃんと上手くやるからには、お父さんとお姉ちゃんが持ってる人間関係すべてとうまくやりたい。

人とうまくやる、って、いまの自分の理解では、ネガティブな面や嫌いだなとか嫌だなとか思うような側面も含めて受け入れる、という意味です。

それを起点にして、生活や仕事を耕して積み上げていくことってできるんじゃないか。それが私の財産になるのかもしれないと。

 

思ったのは、私は記者の時他人の人生を死ぬほど聞いてきたけど、家族の突っ込んだ話ってずっと聞かなかった。そしたらお母さんが飛び降り自殺で死んだ。だから、いろいろ知りたいことがわからなくなってしまった。

 

今福祉のお勉強をしている。福祉とは人が幸せに生きるためのお勉強。社会資源に対する知識も必要だけど、人との接し方とか感情の扱い方なんかも学ぶ。

この学問の成果を、遠くの顔の見えない人に使う前に、お父さんとかお姉ちゃんとか、身近な人と上手くやることに使ってみたい。

 

もう、作家だからとかいう理由で無理やり上手いこと言わなくてもいいし、それは他の才能ある人が代わりにやってくれるから。書けるときに書きたくなったら書く。それでも読んでくれる人はありがとうです。

 

私は、平凡なおばさんになることが、いま全く怖くない。

着ていたスカートが入らなくなるのは困るけどね。。。

これからはもう少し、適当な日記を書いていこうかなと思います。

 

愛の使途がわからなかったけど、私はいま家族にそれを使いたいと思った。

ここまで長かったですけど、今はいまの幸せがあるかもなって思うよ