アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

好きなことを仕事にしなければならない理由

この記事をシェ-アする

よくホリエモンとかが言ってる「好きなことで食う」って話。

好きな事を仕事にしよう、というのは、
人生を充実させたいからとか、イキイキとキラキラ働きたいから、とかそういうことのために
言っているのではないんだと思います。
仕事で成果を出す一番大事な条件は、才能でも運でもなく、それを継続するということだからなんでしょうね。

私はいろいろ思いつくタイプの人なので、これまで本当にいろんなことをしてきて、
チョイ目立ちもしてきました。そういう意味では要領がよいんだと思うんですけどね。

・ガムテープ、ねじなどの「脇役」的な工作材料を用いた手芸を考えた→日本初のアイディアで本が出たりお金もらえました。美術館等でWS,販売もしたし、本の翻訳は台湾と韓国でも出ました。
・国会議員の電話帳機能をスマフォアプリに→日本初のアイディア。マネタイズできました。
・災害地の取材→日本の記者で一番最初に原発まで到着したと思う。で、3年ぐらいみっちりやりました。企業回りを自力でして取材費をもらえた。
・自己啓発本を読みまくった→読んだ結果人生が激変したので、自分の体験が本になりましたw 台湾で本の翻訳が出ました。

でもこれ全部今は熱が冷めちゃって継続してないんですよね。
ただ経験っていうのは心に残ってますけどね。
でも、やっぱ継続しないと大化けしないんですよ。
ガムテープだって、国会DBアプリだってずーっと触り続けてれば今頃人に手伝ってもらう必要が出てくるほど大化けしたかもしれないんだよ。
あと、よくあるのは10年ぐらい頑張って続けて鉱脈まであと一歩、と言いうところで掘るのをやめてしまうというケース。あの時あきらめずにもう少し続けていれば・・・という失敗談もビジネス本読んでるとよく出てきます。

結局、好きな事なら継続することに対するストレスは少ないというかほぼないわけで、継続すればチャンスが出てくる。
苦手なことを仕事にして苦しんで続けてる人よりも圧倒的なアドバンテージがあるってことです。

だから、成功したいなら好きなことをしないといけないんだと思います。

私の好きなことってなんだろうな。