アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

気がつけばもう人生の半分の期間「私もう若くないから……」と思っていたw

この記事をシェ-アする

朗読にハマった。ちょう面白いwwww

 

朗読がうまくなりたいんですよね。

 

去年、二度、お客さんの前で朗読をする機会があって、それで「ああ、朗読っていいなあ」ってすごく思ったというのもあるんですが、そもそも朗読に興味を持ったのは多分お母さんの影響だと思います。

母は自分の声が良いのが自慢で、高校生の時どこかの朗読大会(学校の? 市の? ちょっと覚えてませんが)に出場して2位だった、ということをずーっと自慢にしてて、いつも藤原ていさんの『流れる星は生きている』とか、有吉佐和子さんの『私は忘れない』とかを家の中で朗読してたんですよね。

 

確かに声に出して読んでみるとすごく気持ちがいいんですよ。

 

今、私は毎日坂口安吾を読んでますが、お世辞にもうまいとは言えないw

つっかえるし。あと、ちょっと舌っ足らずなんですよね。。。

「吾輩はねこれある」、みたいな「である」が「れある」になっちゃうw

 

今のところ一番うまく読めたなと思えたのはこれです

www.pscp.tv

 

ここに一覧していますので、興味があったらほかのやつも聞いてみてくださいw

多分うわーってなると思いますが。だんだんここから上達していこ

 

www.pscp.tv

 

朗読、うまくなりたいなーとか思ってます。

で、思い出したことがあって。

いや、不愉快な思い出なので、読んでる人も不愉快になるかもしれないのですが、、、ちょっと書いてみます(不快になったらごめんね)

 

私は写真が趣味でもう10年以上写真は撮り続けているのですが、20代後半の時に写真を始めたとき、当時は友達だと思っていた女性がいるんですが、(彼女と会うとなぜか毎回激怒してしまってて、理由がわからなくて、自分が悪いんだと思ってた)

その人から「えーwwww 30でカメラ女子とかwww こじらせてるね~」と、嫌味? を言われたことがあります。

その人と初めて会ったのは21歳ごろなのですが、確かに彼女は自分が何かをする趣味などをいまだに持ってないように見える。

「もう若くないのにいまさらそんなことやっても意味あるの?」

って、私に向かって言った言葉は、そのまま彼女自身をも縛っているのかもしれないですね。

 

「いまさらそんなことやっても意味があるの?」

 

あると思います。

まず自分の心が喜んで、気持ちが潤いますよね。

別に上達してみんなに褒められたいとかは二の次なんですよ。

自分の気持ちよさを追求したいんです。

それに、自分が楽しい気分になれると、周りの人もトクするでしょう。

不機嫌な人と一緒にいるより人生楽しんでる人といたほうが八つ当たりされたりしないですし。笑

 

だから、いくつになってもやりたいことがあったらやったらいいんですよね、実際。

昨日、ふとこんなことをツイートしました。

 

まあ正直言って、私は自分のことをババアだと思ってもいないんですよね。

今、人生で二番目にきれいだな、自分。って思ったりしてますし……。

でね、これから「何かやろうと思う」って友達に言われたときに「いまさらそんなことを始めてなんになるの?」って言わないであげてほしいですね。「いいじゃん、どんどんやりなよ」って言ってあげてください。

誰のためにって言えば、自分のためにです。

言葉は相手を刺すけれど、それ以上に自分の将来を縛るものになるからです。

自分に可能性を広げてあげてほしいなと思います。

f:id:okaimhome:20190522124936j:image

 

◆よく読まれています!

「転職したことがない人」はなぜヤバいのか。

ひろゆきが「人類はあと1000年持たないんじゃないか」と語る理由

正解を求める「受験型人生」をやめたので

「育ちの良いVERY妻」の仮面を取った時から私の人生は始まった。

 

◆noteやってます。アラフォー作家の生活と意見を毎日配信中。

note.mu