アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

「まず気が付く」だけでいい

苦しい感情が教えてくれること

f:id:okaimhome:20190518153624j:image

(この記事は2018年ごろ公開した記事をリライトしたものです。)

 

人って、その人が生まれ持った本質的なところは一生変わらないと思うんですよね。

 

その「本質的なところ」は、本当に人それぞれなわけです。

 

物事を突き詰めることが好きだったり、案外いろんなことがどうでもよかったり、

人といるのが好きだったり、ひとりがすきだったり。

アーティストタイプだったり、役人タイプだったり。

「人間の本質」がいろいろあるからこそ、おたがいが持っている得意なものを持ち寄って、社会が成り立ってるわけですよね。

 

「本質的なところ」って人それぞれにあって、かなり多様だけど、でも、「こういう人でいるのが望ましい」という、社会が求める「理想の人物像」っていうのは驚くほど画一的だったりします。

 

誰とでも親しくでき、

決して怒らず、

常に前向きに継続的な努力を続けることができ、

経済的にも精神的にも自立していて他人の世話にはほとんどならない

 

みたいな。

 

だから、この基準に当てはまらなない部分があったりすると、自分が持ってる「本質的な部分」そのままだと世の中で生きていけないってどこかで思いこんじゃう。

無理に自分を社会に合わせていこうとして、自分の本質を殺していくわけですよね。

 

例えば、私の場合は、人の言葉のうそみたいなものに多分ものすごく敏感で、そういうもやもやを感じさせられるともう我慢ができないというところがあります。

何年も親しくていても、親友と言える人であっても、そう感じたら本人に言わずにいられなくなるし、それで距離を取ってしまうこともあります。

この性質に連動して、怒りっぽいということもある。

また、書類作成や、事務手続きが壊滅的に苦手ということもあります。

あと、毎日同時刻に会社に通勤するのが無理とかもあります。

(2022年リライト時の注・その後、発達検査を受けて発達障害が判明しました。発達障害の特性を、自分でここまではっきり認識していたことに改めて驚きました。)。

 

でも、人って「苦手を克服することが正しい」ってどこかで信じているじゃないですか。

多分学校で教えられてるんですよね、「理想的な人間像」と比較してみて、自分に足りない部分、苦手なところを克服して完全な人間になろうとすることが正しいみたいなね。

ムリなんですけどね。

ムリなことをずっとやってると「できない」という実績だけが積まれて行って自己嫌悪になってかなり、いいことはないですよね。

 

だから、考え方を変える必要があって、苦手なことは人にお願いする(お金を払ってお願いしたり、厚意にあまえたり、いろんな方法で)ということを学んでいったほうがいいとは思ってます。

で、自分が苦手なことが人は大得意だったりすることに気が付くことで「ああ、世の中って多様なんだなあ」って、この世にたまたま居合わせた人たちの「違い」に気がついて、深いなって思ったりできるようになります。

 

でね、こういう、「自分は苦手を克服しないといけないって思いこんでいるんだな」って気が付くことが、まず、「思い込みから自由になる」という第一歩だったりするんですよね。

まずは気が付くだけでいい。

気が付いただけじゃ変わらないじゃん、って思われるかもしれないですけど

気が付くって、自分の認めたくないことを認めることになるので、かなりカロリーが必要なんですよね。

 

私はもう何年も自分について考え続けていて、その結果というか成果面で見れば、精神科に通わなくて済むようになって薬も飲まなくなってもう4年以上たつわけなんですけれども、それはもうものすごく気の長い取り組みになっていくんですよね。

(2022年時点の注・現在は通院を再開しています。)

 

今もずっと自分について考え続けていて自分の地固めをしているような感じ。

自分の思い込みを変えていく、ということはやはり、時間がかかる。

だから、まず気が付くだけでいいんだと思います。

 

そして、出来たら一生「気が付き続け」「改善し続けていきたい」。

今、自分の心に触ってみて、その手触りを感じるときに、まだまだ自分の思い込みって色々あるんだなって感じます。

 

だから、自分と社会とのギャップに対して「苦しい」と感じたりするその「感情」って、自分の思い込みを教えてくれているんだろうなと最近は感じています。

 

 

THE LETTES 始めてみました。ブログ更新時、こちらにてメールに更新情報をお知らせしますので、良かったら登録お願いいたします(^▽^)/

asamisan.theletter.jp