アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

挫折してリバウンドする自分を受け入れることが、習慣形成のコツ

最近、私はダイエットに本当の意味で成功してきたかもしれません。

ダイエットそのものは、もう20年以上やったりやめたりしてきましたが、この2,3年は体重の変動が理想値+3キロ以内に収まっています。

増えるとその都度体重を「叩く」、そんな感じでダイエットを再開しています。

私がダイエットに成功したコツについて今回はお話してみようと思います。

 

成功のコツとは非常にカンタンで、ひとことで言えば、「自分は基本的にダイエットに挫折するので、挫折したらまたダイエットする」と、あらかじめ挫折する自分を受け入れる、ということです。

 

 

ダイエットも断捨離も節約も、一回では成功はしないと「あきらめる」

ダイエットだけでなく断捨離も節約も、基本的に「インプットとアウトプットのバランスを取るゲーム」という意味では全部一緒です。

 

ダイエットの成功=消費カロリー>摂取カロリー

断捨離の成功=捨てる量>買う量

節約の成功=収入>支出

 

今回はダイエットをテーマにしていますので、ダイエットの話を続けます。

ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回ればいいのですが、人はダイエットにおいて必ず一回は挫折します。

なぜなら、その人の性格によって、「消費カロリーをあげる」ことは簡単にできても「摂取カロリーを減らす」ことが難しく感じたり、逆に「摂取カロリーを減らす」のは気合でできたとしても、運動が大嫌いで「消費カロリーをあげる」ことが苦手だったりと、必ずこの不等式を構成するうえで得意不得意が出てくるからです。

 

このインプットとアウトプットのバランスは、挫折しながら自分で見つけていくしかないので、一回で成功する方が稀なんだと思います。

 

やりたくなったらまた始めたらいい。

一度挫折したとしても、挫折しっぱなしにするのではなく、「また始める」ことで、挫折期間をストップすることができます。

 

尊敬する勝間和代さんも「続かないことは何回も再開してもいい」というとてもいいお話をしています。

www.youtube.com

 

前回挫折した原因を見直す時間を組み込むことで、今回の挫折までの期間を延ばすことができる。

挑戦してもまた再開する気持ちがあれば大丈夫です。

ただ、再開する時は「前回と同じ方法」を取るのではなく、「なぜ挫折したのか」「どうしたらもっと続くようになるのか」を考える時間を取ると、成功の可能性が上がります。

私の場合は「無理なダイエットはしない」「大好きなお米はちゃんと食べる」「野菜をしっかりとる」「一日1万2千歩はあるく」などを決め、それはもう2年以上習慣として続いています。

良かったら参考にしてみてくださいね。♠

 

 

THE LETTERはじめてみました。ブログの更新情報を毎回メールボックスにお届けします。
成長できる名言のご紹介、さらにLETTERだけで配信する記事なども徐々にお届けする予定です。

asamisan.theletter.jp