アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

恋愛がうまくいく在りかた、考えかた

私は現在、占い師として活動しています。

10か月連続で鑑定件数は月間200件を超えており、 現在では占いの生徒さん(お弟子さん)も4人いて、占いを日々たのしんでいます。

 

今回は、「占いを通じて見えてきた、恋愛がうまくいく考えかた」について書いてみます。

 

占いに相談に来る人の逆をやれば、恋愛はうまくいく

恋愛相談で訪れるお客さんのほぼ100%が、うまくいかない恋愛をしている人たちです。

不倫にはまってしまったり、脈のない相手にこだわりすぎてしまったり、疑心暗鬼になりすぎて相手を疑いすぎてせっかくのご縁を壊してしまったり。。。

月間200件占っていると、そういう「うまくいかない恋愛をしているひとたち」の特徴が見えてきます。

その特徴とは3つあります。

 

恋愛がうまくいかない人の特徴

①自己肯定感が低い

 

すべてのものごとをうまくいかせる源泉には、自己肯定感の高さがあると断言できます。

なぜなら、恋愛相談にくるお客さんは本当に皆、自己肯定感が低いからです。

 

私は占いのセッションを通じて、自己肯定感を上げる方法をお伝えしています。

すると2,3か月くらいはかかりますが、徐々に高い自己肯定感が身についてきて、恋愛関係も好転していくようになります。

 

自己肯定感の上げ方は、実際の占いではその人に合った方法をその都度お伝えしていますが、ざっくり言えば「根拠のない自信を持つ」「ネガティブに物事をとらえすぎない」「自分をほめる」、大きくはこの3つです。

 

恋愛がうまくいかない人の特徴

②恋愛以外に楽しみがない

 

これも恋愛がうまくいかない人の大きな特徴です。

恋愛にだけ集中しているので、お相手との一つ一つのことを大ごとにとらえすぎてしまい、相手との温度差ができてしまいます。

彼を待つなら待つこと「だけ」をしてしまうと、必然的に「重く」なってしまいます。「重い」のは、恋愛にとって良いことではありません。

これに関しても、私は占いを通じて「どうせ待つなら、楽しく待ってくださいね」「待っている間の時間も人生の貴重な時間です。後悔のない過ごし方をしてね」とお伝えしています。

 

 

恋愛がうまくいかない人の特徴

③時間を味方につけていない(待てない)

 

お相手が「考えさせてほしい」と言っているのに待ってあげられない、

お相手が「ひとりになりたい」と言っているのに待ってあげられない、

こういう相談者さんはすごく多いです。

そして相談者さんが必ず言うのは「待ってたら、ほかの人に取られちゃいませんか?」と。自己肯定感の低さから出てくるのは、こういう発想です。

おたがいを自由にして、おたがいを尊重できないと、関係は良好にはなりません。

 

以上、3つの特徴を説明してみました。恋愛をうまくいかせたいならば、この「うまくいかない恋愛をしているひと」と逆のことをすればいいわけです。

①自己肯定感をあげる

②恋愛以外にも楽しみを持つ

③時間を味方につける

 

・・・これを私も20年前に知っていれば、と思わずにはいられません。笑

すべての失敗をやらかしてきたからこそ、今占い師として、ご相談に乗れるんだなあとしみじみ思ってます。

そう考えると人生、無駄なことはないんですよね。笑

 

ご参考にしていただけたら幸いです♠

 

 

<お知らせ> THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp