アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

占い師になったというとよく聞かれる質問に答えます2

私は昨年から占い師として活動しています。

完全在宅にて朝4時間のみの稼働ですが、10か月連続で鑑定件数は月間200件を超えています。

現在では占いの生徒さん(お弟子さん)も4人いて、占いを日々たのしんでいます。

そんな私が占い師をやっているというと、必ず聞かれる質問がありますので、今回もそれにおこたえしてみたいと思います。

 

このシリーズはこちらから読めます。

www.okimhome.com

 

占いを信じているの?

 

占い師をやっているというと、これも本当によく聞かれます。

「占いを信じているのか?」と。

その質問の裏には「私は占いを信じられない」であったり、「占いって本当に当たるのか?」であったり、質問する人の半信半疑な気持ちが凄く感じられます。

 

それに対して私はこう答えるようにしています。

「占いを信じているというか、占いの力を私は知っているよ」と。

 

これは、ユングの「私は神を信じていない、神を知っている」という言葉に影響されて出てきた言葉です。

 

占い(の伝え方)には様々なテクニックがありますが、その中のひとつに「言い切ってあげる」というものがあります。

「あなたはよくなるね」

「あなたは天下とるよ」

「あなたは周りに好かれているね」

などなど。。。

もちろん本人の内心(潜在意識)で「そうなることを望んでいること」に占い師の言葉が刺さっていかないと効果は発揮しないので、言い切りの技(?)を使うまでには、相談者さんの本音を察する力、聞きだす力が必要になってきますが(こっちの技術も占いでは必要な技術です)、

言い切ってあげると、その言い切った言葉を聞いた相談者さんのほうが「半信半疑」でも、本当に言い切ってあげた方向に未来が動いていく、ということが結構高い確率で起こります。

 

実際、恋愛成就などは結構簡単にこれで現実が動いていくので、これまで何人ものご相談者さまの縁結びしています。

恋愛だけでなく、職場の人間関係とかもこれで割と簡単に改善します。

 

そんな感じで、占いに来てくれた人達の未来が、実際に占いで変わっていっているのを見ると、私は占いを信じる信じないとかをもはや超え、「占いの力を知っている」と言わざるを得ないのです。

 

尊敬する森田正馬の言葉を引用します。

「自分の主張には確信がある」というが、その確信という言葉がケチくさい。事実がすでに確実な時には確信はいらない。

 

ご参考にしていただけたら幸いです♠

 

 

<お知らせ> THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp