アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

久しぶりの恋ほど堂々としていよう

私は現在、占い師として活動しています。

10か月連続で鑑定件数は月間200件を超えており、 現在では占いの生徒さん(お弟子さん)も4人いて、占いを日々たのしんでいます。

自慢になってしまいますが、4月度は、200名在籍の占い会社にて、ランキング1位をいただくこともできました。

 

今日はよくある相談の中から「恋愛ブランク」が長い方にむけてお伝えしたいことを書いてみます。

 

あなたの恋愛ブランクはお相手には関係がない

「久しぶりに人を好きになったので、自信がないんです」。

よく寄せられる相談です。

私自身も恋愛ブランク長いのでその気持ちはよくわかります。

そもそも、もう、気になる男性ができたらどう誘ったらいいか、忘れた。笑

そういう私ですが、

「名コーチは名選手である必要はない」という格言に従い

(ちなみにこの格言は今私が作りました。笑)、

そんな相談を寄せる方の心の中を探ってみたいと思います。

 

久しぶりの恋愛だと、その恋愛感情自体を感じることに戸惑ってしまったり、

お相手とデートをするときにどんな態度をとったらいいかわからなかったり、

とにかく動揺が大きくなりがちです。

 

でも、お相手にとってみたら、

あなたの恋愛ブランクが長かろうが短かろうがはっきり言ってどうでもいいのです。

それよりも何よりも大事なのは、

「一緒にいて楽しくてラクかどうか」だと思います。

おたがいリラックスして話ができているか?

会話の量は適量かどうか、自分ばかり話していないか?

いかに自分が恋愛が久しぶりで緊張しているか、男性不信が長かったか、などという会話をしてもお相手からしたら困るだけですよね・・・。

つまり、ブランクが長かろうが短かろうが相手の立場に立てることが大事になってきます。

お相手が楽しんでいれば、また会いたいと思ってくれるし、

お相手が遠慮したり疲れたりずっと話を聞きっぱなしになっていたりすれば、

それは次も会おうとは思わないと思うんです。

 

そして、あなたがお相手との時間を思いっきり楽しんで、笑顔を見せていれば、

お相手も安心します。そして「ああ、自分はあなたを楽しませてあげられているんだな」と、お相手の自己肯定感を上げてあげることができるのです。

自己肯定感を上げてくれる人を、人は好きになりやすいですからね。

 

久しぶりだからと言っておどおどせず。。。

ぜひ堂々と振舞ってほしいと思います。

応援しています。♠

 

占ってほしい!という方はコチラのフォームからお申し込みください。

ws.formzu.net

 

 

<お知らせ> THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp