アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

「すぐ異性を好きになってしまう」方へお伝えしたいこと

私は現在、占い師として活動しています。

10か月連続で鑑定件数は月間200件を超えており、 現在では占いの生徒さん(お弟子さん)も4人いて、占いを日々たのしんでいます。

自慢になってしまいますが、4月度は、200名在籍の占い会社にて、ランキング1位をいただくこともできました。

 

今回は、占いをしていてよく遭遇する「惚れっぽい」「すぐ好きになってしまう」方、その方にお伝えしたいことを書いてみます。

 

惚れっぽい=自己肯定感が低い、を疑ってみよう

相談を受けていてよく思うことがあります。

アプリで出会って、まだ1回しか会ってないのに「すごくいいひとだと思う。好きになったから結婚を考えてます」という女性がとても多いのはなぜなのだろうか?と。

好きになるのが早すぎないか?

そう思うのです。

 

よく知らない同士が出会って、もちろんお相手を一目見て「異性としての魅力」を感じることはあるでしょう。

しかし、そこから即、「好きになる」「お付き合いしたい」となってしまうと、ご縁がうまく結べないことの方が多いのです。

それはそうですよね。

 

一般的な男女の出会いからお付き合いまでの流れには、出会いのあと、何度か会ってみて(大人ですから、2,3か月、半年以上かけることだってざらにあるでしょう)、「この人と価値観が合うな」「話をしていて疲れないな」など、いろんな面を確認していく大事な時間があります。

 

すぐ「好きになってしまう」人には、この時間を持ちこたえられない人が多いのだろうと感じます。

 

すぐ答えが欲しい、結論が欲しい。

「彼が、LINEをあまり返してくれない」

「まだ、好きと言ってくれない」

「次の約束をしてくれないままデートを終えてしまった」

「彼は私のことどう思ってる?好きになってくれそう?」

そんな悲鳴のような相談が日々寄せられます。

 

ですが、付き合う前ってそれが当たり前だったりします。

おたがい「いいな」と思いつつも、「お付き合い」には責任が伴いますしじっくり確認する時間があってもいい。

でもそれが「待てない」。。。

 

待てない理由は、お相手の態度が原因ではないのです。

やはりここでも自己肯定感の低さが関係しています

 

「こんなダメな自分を好きになってくれるわけがない」という信念が根底にあるので、「今、まだ印象がいいうちに好きになってもらわないと」と、「メッキがはがれる恐怖心」を感じて彼に対して焦ってしまう

 

「こんなダメな自分を好きになってくれるわけがない」という信念があるからこそ、ちょっと優しい態度で接してくれた男性のことを「この人のほかに自分を好きになってくれる人は現れない」と焦って、すぐ好きになってしまう。

 

そうして相手がどんな人かちゃんと見極めないまま、「早く付き合いたい」「早く自分を好きと言ってほしい」と、ひとりで空回りしてしまう。

 

ご相談からはそういう背景が透けて見えるのです。

 

どうか、人を好きになる前に自分を好きになってください

自分を好きになるとは、良い面も悪い面も受け入れるということです。

あなたはひとりではなく、あなた(肉体)はあなた(魂)と常に一緒にいます。

あなたと一緒にいるもう一人のあなたに、優しい言葉をかけてあげてください。

 

「あの人、素敵だったわね。好きになりそうだわ。でも、どんな人かをよく見極めないとね。だって、悪い男だったら大変だから。大事な私が悲しんだり傷ついたりするかもしれないから、好きになるのはあと何度か会ってからにしましょうね

そういうふうに、自分に語り掛けてあげてください。

 

応援しています。♠

 

占ってほしい!という方はコチラからお申込みください。

ws.formzu.net

 

 

<お知らせ> THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp