アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

恋愛、仕事がうまくいく自己肯定感のあげかた

私は現在、占い師として活動しています。

10か月連続で鑑定件数は月間200件を超えており、 現在では占いの生徒さん(お弟子さん)も4人いて、占いを日々たのしんでいます。

自慢になってしまいますが、4月度は、200名在籍の占い会社にて、ランキング1位をいただくこともできました。

 

今回は、恋愛と仕事がうまくいく「自己肯定感」のあげかたについて書いてみます。

 

ちょっと調子にのってるぐらいがちょうどいい

この記事にも書きましたが、自己肯定感の高さは物事をうまくいかせるために必須です。

www.okimhome.com

 

私も自己肯定感は決して高いわけではありませんでしたが、練習すれば上げていけるし、だからこそ今みたいな、定職につかず、人には理解されにくい生活してても平気でいられるし、幸せ感じることができているんだろうと思うんですよね。

 

特に、占いに来る相談者さんには自己肯定感の高い人がほとんどいません。

だいたいが、「私はダメ」「どうせ愛されない」と心の根っこの部分で信じちゃっている人が多いのです。

 

そこで、鑑定中、「自分に自信がなさすぎて、ほかのひととかの意見に振り回されすぎちゃってますよ」という話を何度となく相談者さんにします。

すると必ず「どうしたら自分に自信を持てますか?」と聞かれるので、その方法を3つお知らせしています。

 

①筋トレと似ているので、すぐ効果が出ないものだと認識する

今までずっと自分を責め続ける発想をしていたので、すぐ劇的には変化はしません。

ダイエットとか筋トレとかと似ていて、少しずつコツコツやるのが大事になります。

考え方のクセをちょっとずつ変えていくイメージを持つことが大事です。

何でも急激な成果を得ようとすると失敗してしまいます。

 

②自分が嫌いすぎる場合、「自分が嫌いな自分」をみとめるところから

自分に対して優しい言葉をかけてあげることが大事になってきますが、あまりにも自分を嫌いすぎているる場合は、

「私は私を愛しています」とか、「ありがとう、愛してる」とか、自分に向かって語り掛けても全然響かないばかりか、拒絶反応が出たりします。

そんな時は、「今までずいぶん自分を嫌ってきたんだなあ」「すぐに好きになれないかもしれないけど、私は必ず自分のことを好きになろう」と、自分を好きになれない自分を今は許してあげてください(大切なステップ)。

 

③自分に対してネガティブな発想をしていると気が付くところから

自己肯定感が低い方によくあるのですが、自分で自分を厳しく責めていることに無自覚だったりします。

自分を嫌っていることに気が付いていない場合が多いのです。

ですから、まずは、自分は自分を嫌ってないだろうか? これを自分に問いかけてみるところから始めていくといいと思います♪

 

自分を好きになる、これは私にとってライフワークです♪


 

<お知らせ> THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp