アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

殺人事件

洗っていない犬の味

わたしは、久留米から博多に向かう夜の高速バスに乗っていた。足もとで、10リットルの水が入ったポリタンクがゴトゴト鳴っていた。その水は、わたしがバスに乗り込むときに、吉田純子の夫がくれたものだ。 吉田純子とは、レズ関係にあった堤美由紀と同僚看護…