アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

凹んでるときにこのセリフを言うと気分が上がってくるのでお勧めです

(この記事は2018年に公開したブログ記事をリライトしたものです)

自分の実況をすると笑える

 

気分がうつうつとして寝込むのは私は割とプロの域にあるので、今更寝込んでいても慌てないのですが、それでも数日何もできなかったりすると、さすがに

「このまま、本物のうつ状態に沈んでいくのではないか・・・?」と

不安がよぎったりすることがあります。

 

そういう時大事なのは、とりあえず起き上がること。

起き上がって掃除をするとか、洗濯機を回すとか、1分~2分程度で完結するなにか「作業」をしてみると、作業に気分が引っ張られて、気持ちが上がて行くことが多いのです。

 

でも起き上がれない。

 

そういう時にお勧めなのは「笑う」ことです。あくまでも私の場合ですが。

なんかもう、笑っちゃうしかない。みたいな状況になると、ある気分のロック状態が解除されて、何とか起き上がれるようになったりします。

 

f:id:okaimhome:20190517113013j:plain

最近はまってる昭和な喫茶店のパフェ

 

さて、その時に笑っちゃう状況を自分で作り出すにはどうしたらいいか。

私のおすすめは以下のセリフを言うということです。

 

「面白くなってまいりました~!」

 

これです。

全然面白い状況ではないのですが、それでも言ってみる。

ちなみに、プロレスの実況中継のように言うと盛り上がって、状況が間抜けに感じるのでお勧めです。

 

「おーっと、岡選手、寝込んでおります! これはもう2日、いや3日に突入しようとしている・・・! これは本物のうつになろうとしているのか? うつへのメタモルフォーゼ序章かあ? どうなるのか岡選手!」

とか何とか、テキトーに今の状況を実況すると笑えます。

 

お試しくださいませ。♠

 

THE LETTERはじめてみました。登録いただくことで、ブログの更新情報をメールボックスにお届けします。

ほか、THE LETTERだけの企画も計画中。

asamisan.theletter.jp