アラフォーからはじめる!

人生で味わったうれしさも悔しさもフル活用して、新しいことにチャレンジしよう

不安ではなく不満を排除する~無職6年生の私から、定年前のみなさんに伝えておきたいこと 其の七~

私は、2017年に、新卒から17年間勤めていた会社を39歳で辞めました。

そこからほぼ定職につかずずっと「無職」として生きてきました。

つまり、普通の定年より20年早く「定年退職後」の状態になったとも言えます。

 

基本的に今の生活を非常に気に入っていますが、それでもはじめは不慣れなことがありました。

これから定年する人、そしてこれから「FIRE(アーリーリタイア)」を目指す人に、実際に無職になって丸5年経過した私から「今のうちから知っておいた方がいいこと」をシリーズでお伝えします。

 

不安はなくならないが不満はなくすことができる

会社員時代は未来に対しての不安よりも、現状に対する不満の方が大きかったです。

組織の不合理さ、非効率さにいつも腹を立てていましたし、身近な同僚との考え方の違いに対しても不満を抱いていました。

今は、未来に対して不安はあるが、不満のない生活を送れていると言えます。

基本的に会いたい人にしか会っていませんし、友達にも男女問わず恵まれている方です。占いをすることで世の中の役に立てていると実感できていますし、トレードという一生続けたいと思えるライフワークもできました。

嫌いな人や嫌いなものが身の回りにまったくない状況を自分の力で作り出したと言えます。

しかし、それでも「不安」はなくならないのです。

将来どうなるんだろう、こんなに早く会社を辞めて定職につかず、老後はどうなるんだろう、トレードで全財産を失ったらどうしよう、などとふと頭をよぎることがあります。

 

しかし、不安というのはじつは妄想である場合が多く、たいていは実現しないものです。

生きていれば必ず何とかなるものなのです。

それに、不満だらけの環境に逆戻りしたとしても、将来に対する保証の度合いは今とそれほど変わらないと思います。不満も不安もある状況になるだけなのです。

だから気にしない。

気にするのをやめるのは技術なので、時間はかかりますが身に着けることができます。

 

私は今を快適に生きることを最優先にすることにしました。

なぜなら、不満をなくすことでQOLが上がったことを実感したからです。

 

孤独感(孤立への不安)>会いたくない人に会う(不満)

経済的な不安>やりたくない仕事をする(不満)

 

このように、私は不満は排除しますが、不安は排除せず、不安なまま、今を謳歌することに決めました。

 

よかったら参考にしていただけたら嬉しいです。♠

 

過去シリーズは以下のリンクから読めます

www.okimhome.com

 

THE LETTERにご登録いただくと、ブログの更新情報とよりよく生きるための名言をメールボックスにお届けします。よろしければ良い習慣を身に着けるための何かのきっかけに使ってください。THE LETTERだけの限定記事も計画中です。

asamisan.theletter.jp